ダウンタウンなうで語った、山田孝之が小栗旬の会話に入っていけなかった理由とは!?

ty_img_0485
ダウンタウンの長年のファンである山田孝之

ty_img_0485


10月21日放送のフジテレビ系『ダウンタウンなう』に、俳優の山田孝之(33)が出演。
同じ俳優仲間の小栗旬(33)や綾野剛(34)らとの交流について、ダウンタウンの松本人志(53)、俳優の坂上忍(49)らに語る場面が見られた。

ダウンタウンの長年のファンだという山田。
俳優同士では小栗旬や綾野剛と交流があることを話すと、松本から「集まると演技論をぶつけるのか」と質問された。

これに対し、山田からは意外な答えが返って来た。


194526


山田は演技論について、

「好きな人もいますけど、僕嫌いなんですよ、そういうのが」


と発言。

「クソみたいな話のほうが楽しいじゃないですか」


と続け、松本らを笑わせた。

さらに松本から、「どうしても俳優は飲むと演技論を語るイメージを持っている」と質問が出ると、山田は

「それこそ『クローズ』っていう作品で、地方に泊まり込みで旬くんとかと夜、ご飯に行くとすごい熱い会話になるんですよ」
「そのときに僕は一番端っこで、上地くんとずーっと、“入れない、会話に入れない”みたいな」


と、共演していた上地雄輔(37)と山田の二人だけが、熱い会話に入れないでいたことを明かした。

そんな山田のことを、映画ライターはこう語る。

「山田はいろいろな役の人物になりきってしまう“カメレオン俳優”と呼ばれていますが、いわゆる天才肌なんですよ。演技論を自分で持たなくても演技ができてしまうタイプなんで、小栗から熱く語られてもピンとこないんでしょうね。とはいえ小栗、綾野とは知られているように、非常に深いつきあいです。山田が演技論に乗ってこなくても“そういうやつだから”で終わりでしょうね」



考えるよりも、感じたままの演技をするということなのだろうか。
俳優として第一線で活躍する山田は、やはり大物だということがよく分かる発言なのかもしれない。
ty_img_0485